3.11東日本震災に遭遇しました。地震発生した後

3.11東日本震災に遭遇しました。地震発生した後、停電になったが、水は出ていたので、お湯船に溜め込みました。これは歴代住居に連なる指図で、地震が来たら、まるで自分を貫き通し無事故を確保する行為、、先々地震の弱り始めたら、第はじめに水を確保することです。だが、水を確保して安心したのも束の間で、断水が始まりました。飲み水はお湯船から汲み上げて鍋で沸騰させて(瓦斯はプロパンガスなので負傷を免れた)使用しました。又便所の水も、お湯船から汲み上げて使用していました。最初の3日間は余地でしたが、断水の直しが思わしくないことが判明し、我が家のお湯船の水の残り身なりを確認すると半分くらいまで使い込んでいました。飲み水は、先々、給水車種が地域センターに来ましたのでその水を飲み水に投じることにしましたが、マイナスは便所の水だ。便所は思ったより多くの水を必要とすることが災害によってやっと知った次第です。災害状態たまたまスノーが積もっていたので、スノーとしてやっぱし凌いだのだ。災害後改めて思ったことは、便所の水の継続を考える必要がある事です。そんな想い出から、断水が2週続いても踏ん張れるように、水の需要に関する創意をずっと考えておくことが必要だと考えております。人気の女性用育毛剤